So-net無料ブログ作成

<心臓手術>大動脈のつなぎ直し手術成功 岩手医大が国内初(毎日新聞)

 岩手医科大学付属病院循環器医療センター(盛岡市)は19日、心臓の左心室と右心室の位置が逆になった「修正大血管転位症」の患者に、心臓から全身に血液を送る大動脈をつなぎ直す手術を施し、国内で初めて成功したと発表した。世界的にも成功例の報告は9例しかないという。

 同センターによると、患者は青森県在住の7歳男児で、今月6日に退院した。修正大血管転位症は左心室と右心室の位置が逆になり、両室の壁に穴が開いた先天性の病気。血液は本来、右心室から肺動脈、押し出す力の強い左心室から大動脈を伝って全身に流れる。しかし、同症の患者は力の弱い右心室が全身に血液を送るため、将来的に心機能が低下する恐れがあるという。

 手術は昨年12月1日に約9時間かけて施され、大動脈を弁ごと右心室から切り取り、本来の左心室側に付け直した。二階堂法といわれる手術で、通常は大動脈が左右逆の心室に付いた「完全大血管転位症」の患者に用いられるという。男児の場合は、肺動脈弁が小さく、従来の手法は難しいと判断された。

 執刀した猪飼秋夫准教授(心臓血管外科学)は「大動脈など心臓からの出口に疾患を抱える患者に二階堂法を応用できることを示せた」と話した。【山口圭一】

【関連ニュース】
ご近所のお医者さん:/94 大動脈瘤手術で実績=青木淳さん /香川
心臓移植:募金目標額達成 宮薗さん、目赤くし感謝の言葉−−来月渡米見込み /福岡

小沢幹事長、無言で町村会館を出る(産経新聞)
阪神大震災 難病女性 犠牲の恩師に初めての墓参り(毎日新聞)
宮城刑務所で129人が吐き気 ノロウイルスに集団感染か(産経新聞)
遺体写真から目そらし涙、女性裁判員を解任(読売新聞)
小沢氏、長崎でも熱弁…自民県連は糾弾の集い(読売新聞)

<ハイチ大地震>自衛隊派遣準備を指示 防衛相(毎日新聞)

 ハイチ大地震の救援活動のため、北沢俊美防衛相は18日、国際緊急援助隊の自衛隊部隊の派遣準備をするよう各幕僚長らに指示した。地震による被害が依然として極めて深刻な状況のため、防衛省は医療分野などの自衛隊派遣について準備を始めた。平野博文官房長官は同日午後の会見で、追加支援の規模について「70〜80人か、確定していないがそれぐらいの規模だと思う」との見解を示した。

 また、外務省などの医療チームを18日未明、米マイアミからハイチまで運んだ航空自衛隊のC130輸送機はその後、ハイチにいた米国人の被災者34人を乗せて米国に戻った。【樋岡徹也】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:政府、医療チームを派遣
ハイチ大地震:「日本の経験を伝えて」…国連防災担当
ハイチ大地震:遺体の山、尊厳なく 廃棄物に交じり
ハイチ大地震:国連の食料配布に被災者が殺到
ハイチ大地震:JICA医療チームが到着 本格救援開始へ

<脱税容疑>左官会社「フタ村」が4500万円 国税局告発(毎日新聞)
道具ケア 化粧映え左右 (産経新聞)
こんにゃく入りゼリー「餅に次ぐ窒息事故頻度」(読売新聞)
首相動静(1月20日)(時事通信)
<モンキードッグ>“猿害”は犬の力で 深刻な農作物被害で(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。